×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「公務員試験・行政書士試験合格!民法勉強講座」のトップページ>めざせ法学検定3級


めざせ法学検定3級




行政書士試験や公務員試験合格のために民法を勉強している方は、問題ありません。 合格をめざして、ひたすら勉強して下さい。
こういった方々ではなく、一般教養として民法を勉強している方、また大学の法学部 に在学中で民法を勉強している方、せっかくですから検定試験等をめざしてみませんか。
もちろん行政書士試験などを目指しながら、同時に検定試験を目指す人もいることでしょう。 ここでは、「法学検定3級」について、御紹介したいと思います。
この資格は比較的新しい資格です。私が学生の頃にはありませんでした。最近は、 受験する方が増えているようです。
といいますのも、これを取得することによって、ある一定レベルの法学の知識が あるものと推測されるからです。ですから、就職活動をする際などに、英検と同じ ように、ある程度有利になることが考えられます。このような理由で受験者が増え ているものと思われます。
また、問題自体も基本的かつ素直な問題が多いので、初学者の方がまず法律の勉強 を始める際のとっかかりとして、入りやすいと思います。 こういったことも、受験する方が増えている理由として挙げられるでしょう。

私が取得したのは、「一般コース」ですが、他にも「司法コース」や「行政コース」 などがあります。

さて、この試験の勉強方法ですが、これは問題集をひたすら解くに限ります。どの 問題集かと言いますと、「法学検定試験問題集3級」(法学検定試験委員会)という 問題集です。


これはなぜか?

それは、この問題集に載っている中から出題されるからです。

こういうことを言うと、この問題集の答えだけを丸暗記しようとする方がいるかもしれません。 もちろんそれでもいいですが、出来ればきちんと理解して、答えを導いてほしいものです。 そのためには、ある程度の法律の基礎が出来ていることが望ましいです。 ただ、あまり深入りすると「3級」というレベルを超えてしまいます。問題集を使って問題 を解きながら、基礎を固めていくのが良いのではないかと思います。 もちろん、試験直前期になれば、丸暗記という力技も必要となるかもしれません。ただ、 それはあくまで最終手段です。




無断転載・転送を禁じます。


[トップページへ戻る]

Copyright(C)2006 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.