×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「公務員試験・行政書士試験合格!民法勉強講座」のトップページ>永小作権


永小作権




これ、「えいこさくけん」と読みます。物権の中の一つです。行政書士試験や 公務員試験には、あまり出題されないかなと思ったのですが、言葉ぐらいは知っ ておいてもいいかなと思いましたので、簡単に取り上げます。

永小作権とは、小作人が小作料を支払って、他人の土地において耕作又は牧畜 をする権利をいいます。永小作権を取得しようとする者は、通常は土地の所有 者と永小作権の設定契約を結びます。永小作権を有する者を永小作権者と言い ます。永小作権者は、設定契約の中で定められた目的の範囲内で、土地を使用 する事が出来、収益を取得出来ます。

永小作権の存続期間は、20年以上50年以下と定められています。もし当事 者間で50年以上の期間を定めた場合には、50年に短縮されます。当事者間 で存続期間を定めなかった場合には、30年とされます。


永小作権は地上権と同じく物権の一つであり、他人の土地を利用するという点 も同じです。ですので、比較しての出題もあるかもしれません。永小作権は地 上権と同様に、抵当権の目的となりえます。つまり永小作権に、抵当権を設定 することが出来るわけです。

ただし、永小作権においては、小作料の支払いは、契約の要素です。これは地 上権とは違うところです。地上権においては、地代の支払いは要素ではありま せん。気をつけましょう。



無断転載・転送を禁じます。


[トップページへ戻る]

Copyright(C)2006 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.